リハビリ・健康

リハビリの自主トレメニューはコツコツやろう

本当にリハビリしても改善していないのか?

「リハビリしてもいっこうに改善しないと感じ悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

もしかしたら治療している理学療法士の技術を疑っている方もおられるかもしれません。

実際に臨床しているとリハビリ直後には「動きやすくなった」「痛みがなくなった」というお言葉をいただくことがほとんどです。

理学療法士の立場から客観的にみて前向きにリハビリに取り組まれる患者さんでリハビリを行った直後に何も変化がでない方はほとんどいません。

リハビリした後に改善した動作や症状が良くなったところはあなたにとっての伸び代であり改善の余地がある部分です。

せっかくリハビリ直後には良くなったのに次のリハビリのときまで特に何もせず過ごすとまた元の木阿弥になってしまうのはあなたも心当たりありませんか?

「じゃあどうすれば良いのか」勘のいい方はもうわかると思いますがお話ししていきます。

自主トレーニングはもの凄く大切

リハビリ後に改善した動きや疼痛のない状態を維持・改善していくためには自主トレーニングが必須です。

病気の症状などによっては自主トレーニングなんてとてもじゃないという方もおられるのでしょう。

もちろん無理は禁物ですが自主トレーニングできる状態になったり行う余地のある方は少しでもいいのではじめてください。

もちろん自主トレーニングの内容や頻度については患者さんによって異なるので担当してくれている理学療法士に相談してみましょう。

きっと親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

また自主トレーニングは冷静になって自分の体と向き合うという意味でも非常に重要です。

自分でトレーニングを進めていく中で自分の体の動きの特性に気づくというメリットもあるのです。

まとめ

騙されたと思って担当の理学療法士から教えてもらった自主トレーニングをコツコツ続けてみてください。

ある程度継続していくとリハビリした後の動きやすさや痛みのない状態が持続していることに気づくことでしょう。

この際自主トレーニングの進捗状況をセラピストに報告しコミュニケーションを図っていくこともとても大切になりますよ。

あくまでもコツコツです。

途中でやめてしまってはまた体がもとのコンディショニングに戻りますので無理のない範囲で続けることが大切になりますね。

MacBook Air 13インチの購入に合わせて準備したアクセサリを紹介します!前のページ

MacのバックアップにマイクロSDカードも使える次のページ

関連記事

  1. リハビリ・健康

    断酒のためには酒量を減らすのではなくヤメてしまうべき

    はじめにお酒との付き合い方に苦労している方は多いことでしょう…

  2. リハビリ・健康

    神経筋再教育やモビライゼーションの方法を紹介します。〜胸郭編〜

    はじめに胸郭に対する評価や関節モビライゼーション・神経筋再教育をご…

  3. リハビリ・健康

    有酸素運動は呼吸の病気に有効って本当?

    はじめに呼吸器疾患のある方の特徴でもある痩せやすい理由や最低限着目…

  4. リハビリ・健康

    認定理学療法士の更新の流れについて申請書の画像も使ってわかりやすく説明するよ

    はじめに認定理学療法士の更新手続きの流れを簡単にまとめま…

  5. リハビリ・健康

    小脳橋角部の腫瘍の症状とリハビリ

    はじめに脳には小脳橋角部というところがあります。ここに腫瘍…

  6. リハビリ・健康

    患者さんファースト

    アドバイス私はリハビリの専門家として日々働いています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一日一絵

    一日一絵 342
  2. 一日一絵

    一日一絵 320
  3. すーさんの記事

    一日一絵 241〜300まとめ
  4. 一日一絵

    一日一絵 174
  5. 一日一絵

    一日一絵 423
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights