リハビリ・健康

寝返り動作の評価のポイントについて説明するよ!

はじめに

皆さん。寝返り動作(ローリング)ってどのように評価していますか?

本当に効率のよい寝返り動作とはどのような寝返りなのかについて考えていきたいと思います。

 

そもそも寝返りとは?

これは皆さん十分わかっておられる通りで基本動作のひとつに分類されますよね。

  • 寝返り
  • 起き上がり
  • 立ち上がり
  • 移乗
  • 歩行(移動)

上記のように5つある基本的動作のひとつになります。

私が考える寝返り動作でチェックすべきポイント

  • 始動で頭部が体幹に引き寄せられるか?
  • 背臥位と伏臥位で寝返りの仕方の違いをみてみる
  • 頭から足まで一緒に力が入って寝返ることができているか?
  • 寝返りを打つときは枕などは置かない。頭頸部の動きの特徴を把握するため
  • 肘と膝をつけるように寝返る(このときに頭部体が足首足趾までが繋がっているか)
  • 体全体の繋がりを感じたら寝返りさせる
  • モーターコントロールのトレーニングなので協調性を強調する。
  • パッシブで骨盤や肩甲帯を動かして繋がっているのかを確認する
  • 側臥位から背臥位へ遠心性収縮や等尺性収縮などいろんな収縮様態をいれて促通する
  • 持続性保持(prolong hold:プロロングホールド)は脳を目覚めさせ筋の連結をつくる
  • 抵抗を加えるときセラピストの力が強すぎると放散が生じにくくなるため注意。
  • ある一部の運動パターンだけを強調させて促通することをセレクティブピボットor タイミングフォーエンファシスという。
  • 側臥位でbi-lateralなどパターンを用いた促通

どのように寝返る動作を行うことが理想か?

寝返りの方法が全く同じ人はいません。

しかし少なくとも肩と骨盤帯が同時に運動が起こらないなど協調性のない分節的な動きになる動作は効率的な方法とは言えないことは大切な点であります。

やはり頚椎〜骨盤帯まで繋がった状態で寝返り動作を行えることが理想的であるといえます。

まとめ

基本動作のひとつの寝返り動作を行う上でのチェックポイントについてお話しました。

寝返り動作のトレーニングも集中的なトレーニングが非常に重要ではありますが疲労させすぎないように患者さんの反応をみながら実施する必要があります。

 

 

関連記事

  1. リハビリ・健康

    予防リハビリテーションに必要な視点について

    はじめに予防リハに必要な視点についてお話していきます。まず…

  2. リハビリ・健康

    有酸素運動は呼吸の病気に有効って本当?

    はじめに呼吸器疾患のある方の特徴でもある痩せやすい理由や最低限着目…

  3. リハビリ・健康

    突進歩行の対策を。パーキンソン病は転倒に絶対に注意すべき

    はじめに健常者に比べパーキンソン病の症状の特性から患者さんは歩行中…

  4. リハビリ・健康

    骨盤の後傾などの座り方を変えると痛みがなくなるかもしれません!!

    はじめにあなたは自分自身が座る姿勢がどんな姿勢になっているかを意識…

  5. リハビリ・健康

    腰痛を改善する筋トレはこの3つの運動がオススメです。

    はじめに理学療法士として患者さんを治療していて体の痛みを改善して欲…

  6. リハビリ・健康

    腰の痛みは姿勢が原因かもしれません!

    はじめにこの記事にたどり着いた方の多くが腰や体のどこかに痛みを抱え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ライフハック

    簿記の勉強をしたい
  2. リハビリ・健康

    痛み止めの薬についてまとめるよ!
  3. 資産形成・投資信託

    セミリタイアするために貯金はいくら必要?
  4. オススメ本

    『繊細さんの本』生きにくい人にオススメしたい
  5. ライフハック

    夢の動機は「自分以外の誰かのために」
PAGE TOP