すーさんの記事

簡単な朝ごはんを作ること

はじめに

いつも理学療法士たかちゃんのブログにお越しいただきありがとうございます。ヤドカリブログをしています、妻のすーさんです。
今回は「朝ごはん」について書きたいと思います。

食事パターンの変化

現在たかちゃんは「基本、晩ごはんを食べない」という生活を続けています。

ムーミン好きの私からしたらお腹まんまるもかわいいのですが、身体を大事に健康でかっこよくいてほしいので、最初は一緒に晩ごはんを食べれないのは寂しく感じましたが今はたかちゃんには体重管理をするのに合っている食生活なんだと理解しています。

晩ごはんは食べませんが、朝ごはんをしっかり食べるようになりました。(朝バナナは最近はしていません。)

朝食を食べた方が頭が働く・活動的になる、とはよく聞きますよね。

晩ごはんを食べていないので朝からモリモリ食べれます。前日の夜から早く朝ごはん食べたいとなっています。

朝ごはんのメリット

  • 時間の把握がしやすい
  • 帰宅を待つ必要がない
  • 簡単なもので満足できる
  • メニューのパターン化がしやすい
  • 短時間でうまく準備できたときの達成感がある

前日の準備も重要になってきますね。炊飯器にご飯をセットするのを忘れないように気をつけています。デメリットは時間との勝負というところでしょうか。

MENU

よく作る(?)メニューです。

主役です。ごはんさえあればなんとかなりますよね。たかちゃんは一口残っただけでふりかけを要求してくることもあります。その辺考えて食べて?って思っちゃいますよね。たまに「もち麦」を一緒に炊いています。個包装になっていて便利です。

鮭をよく焼きます。夜に余裕があれば焼いておいて朝に温めたりしてます。

たまご焼きです。出汁を入れたり、砂糖を入れたり、醤油を入れたり毎回味が違います。成功するかのお楽しみです。最近はスクランブルエッグにもしたりします。卵は彩りも綺麗で万能ですね。

生姜焼きや焼き肉のタレでお肉を炒めるだけというのも作ります。

揚げ物の惣菜を前日に調達しておいたりもします。油を吸うシートをひいてレンジで温めます。惣菜は日によって変わります。たかちゃんと一緒に選びます。それが楽しかったりします。

ブロッコリーはレンジで茹でるようにすると栄養が逃げないと聞いてからレンジで調理しています。ミニトマトもよく食べます。

簡単浅漬けの素でナスやキュウリを漬けています。たかちゃんはナスが好きみたいです。

これから

子供の頃は母が誰よりも早起きをして美味しい朝ごはんを用意していてくれたことに感謝しかありません。アジの開きとかよく食べたなぁと思い出します。

「食べないダイエット」に目覚めているたかちゃんですが、やはり一緒に食事をする、同じものを食べるというのは楽しいですね。後片付けも率先してしてくれます。いつもありがとうございます。仕事が隔日勤務のため毎日はできませんがこれからも朝ごはんは一緒に食べようね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. すーさんの記事

    バナナスタンド

    はじめにこんにちは。いつも理学療法士たかちゃんのブログにお越しいただ…

  2. すーさんの記事

    ハンドメイド【刺繍 ムーミン 1】

    はじめに理学療法士たかちゃんのブログにお越しいただきありがとうござい…

  3. すーさんの記事

    結婚後の持ち物の変化について

    はじめにこんにちは。 理学療法士たかちゃんの妻のすーさんです。い…

  4. すーさんの記事

    大人になって試験を受けるということ

    はじめにこんにちは。いつも当ブログにお越しいただきありがとうござい…

  5. すーさんの記事

    社会人をしながら大学を4年半で卒業した話

    はじめにいつも理学療法士たかちゃんのブログにお越しいただきありがとう…

  6. すーさんの記事

    理学療法士の妻として思うこと

    はじめにこんにちは。理学療法士たかちゃんの妻のすーさんです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オススメ本

    賢く生きる方法がわかる『まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ム…
  2. 資産形成・投資信託

    アセットロケーションとアセットアロケーションについて
  3. ライフハック

    自分を大切にしよう。そうすれば周りも幸せになれる。
  4. ライフハック

    MacBook Air 13インチの購入に学割が使えます!
  5. オススメ本

    『自分の時間を取り戻そう』は生産性を高めるために必読
PAGE TOP