リハビリ・健康

治療者はいつも上機嫌でいるべき

はじめに

治療者って常に上機嫌でいないと患者さんに良い治療ができないんじゃないかなと私は考えています。

基本的に理学療法士を受けに来られる患者さんって病気などが原因で体が動かなくて日常生活を送る上で困っているのでワザワザ病院にきて理学療法をうけに来られます。

病気が原因で体が動かないことで、学校や会社に行けないなどこれまでの生活を送ることができないために精神的や金銭的にも辛い思いをされています。

そんな患者さんと接する私たち治療者が患者さんと同じ様に落ち込んだり、不機嫌になっていては、患者さんに精神的に良い影響を与えることができませんから良い治療はできないと考えるのです。

だから患者さんの多くは元気がない。怒りっぽくなっている方も多いです。

なんというか患者さんの色々なものを受け止める「器」が治療者には求められるなとヒシヒシと感じています。

治療者はみんな大きな器を持っているのか?

少なくとも私は残念なことに大きな器は持ち合わせていません。

実業家で作家の斎藤一人さんは器量について、

「人の器量というのは機嫌が良くて気持ちが上であることを決めた状態で大きくなる」

と言っておられます。

人にご機嫌をとってもらったりしようとしてもらわずに自分で自分の機嫌のメンテナンスをするということですね。

自分の機嫌をとるということが精神論の中でも一番大切なことだと説いておられます。自分の機嫌を取れない人は器量も大きくすることなんてできないということですね。

不機嫌な治療者にはみてもらいたくない

患者さんに良い治療を提供できるかというのは技術的なところももちろん必要です。

しかし、いくら技術的な治療が良くてもブスッとしたり、何かいつも怒っている様な治療者に患者さんはみてもらいたいと思うでしょうか。

私だったら嫌ですね。何か息苦しいですよね、そんな人は。

私は相手の感情に引き込まれてしまうところを持った弱い人間です。ですから私でしたらできるだけいつも上機嫌な治療者に見てもらいたい。

そりゃ全く治療の勉強をしていない上に不機嫌で冷たい感じの治療者に見てもらおうとは思いません。

いくら技術があっても人間として一緒に痛くない様な治療者にみて貰うくらいでしたら、少々技術が伴っていなくてもいつも上機嫌でいる人に見てもらいたいです。

私自身感情にムラがある人間ですが、できるだけ上機嫌でいることができる様に勤めることが治療者としての最低限の責務だなと考えています。

まぁ、上機嫌でいないとプライベートな時間もうまく行きっこないですけどね。

上機嫌でいることができて初めて人間としての器が頭角を表すわけですものね。

まとめ

肉体だけでなく社会的にも精神的にも弱っている患者さんを治療する立場にある以上、治療者は少しでも大きな器を持っている方が良いでしょう。

器を大きくするには上機嫌でいることがポイントになります。

斎藤一人さんによると上機嫌でいる方法について、

「上機嫌でいる方法は上機嫌でいると決めること。」

と言っておられます。

シンプルですが奥が深いですね。

器を大きくするためにはどうすれば良いかという視点からも斎藤一人さんのお弟子さんと一緒に本を書いておられます。

タイトルもそのまんまの『器』という本です。

この本を読んでみて自分の器を大きくするためにはどうすれば良いかを見出す良いきっかけになると思いますよ。

 

関連記事

  1. リハビリ・健康

    IPAという治療技術について

    はじめに私がアメリカに語学留学する前に出会いアメリカに語学留学中に…

  2. リハビリ・健康

    仙腸関節のうなずき運動や逆うなずき運動について

    はじめに仙腸関節(SI joint)の動きについて書いていきたいと…

  3. リハビリ・健康

    膝の痛みなど関節痛に効果的な負担の少ない歩行について説明するよ

    はじめに膝をはじめとする関節に痛みがない方の歩行は非常に効率的でス…

  4. リハビリ・健康

    予防リハビリテーションに必要な視点について

    はじめに予防リハに必要な視点についてお話していきます。まず…

  5. リハビリ・健康

    腰の痛みがあっても安静だけではなくできる範囲で動いていった方が良いのはなぜ?

    はじめに「これだけ腰が痛むのにどうして動け動けって言われなければな…

  6. リハビリ・健康

    リハビリのあるデイサービスでは理学療法士のいるところが増えています

    はじめに高齢者が増え続ける中、徐々に体力が落ちてきたり脳卒中などの…

コメント

    • nappon3
    • 2018年 4月 04日

    面白そうなので、この本読んでみます!

      • 井上 たかひろ
      • 2018年 4月 06日

      ありがとうございます。
      また感想をお聞かせください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オススメ本

    賢く生きる方法がわかる『まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ム…
  2. ライフハック

    制限は自分の心が勝手に作るのです。
  3. リハビリ・健康

    神経筋再教育やモビライゼーションの方法を紹介します。〜胸郭編〜
  4. ライフハック

    充分に満たされていると感謝しましょう
  5. リハビリ・健康

    リハビリはいつまで続けた方がいいの?
PAGE TOP