オススメ本

 

MacのiMovieで動画を2つ並べる方法

iMovieを使って1画面に2つの動画を並べる方法を簡単に説明していきます。

iMovieはiPhone にもデフォルトで入っているアプリになりますがここではMacでの操作方法をまとめていきます。

まずはDockやlaunchpadからiMovieを開きましょう。

次の画面で「新規作成」をクリック

ムービーか予告編を選択するよう表示されます。

ここでは「ムービー」を選んでください。

編集画面が表示されます。

左上のサムネイルから2つの編集したい動画を探します。

ここで目的とする動画を見つけることができなければ、目的の動画をデスクトップへ移動させておきデスクトップから動画を持ってくることもできます。

ドラッグ&ドロップをして下の位置へ動画を移動させます。

2つ目の動画を1つ目の動画のうえにドラッグ&ドロップします。

このとき一番左側へ寄せておくのがポイントです。

「ビデオオーバーレイ設定」をクリック

「スプリットスクリーン」を選択します。

すると左右2画面表示になります。

実際の動画です。

この動画のように動画の長さが異なると一方の動画が終わると1つの動画だけが表示されるようになります。

これから最後まで終わった動画が表示されるように設定していきます。

短い方の動画の最終画像をスクリーンショットします。

スクリーンショットは「shift+command+4」で撮れます。

スクリーンショットした画像を開き「ファイル>書き出す」と進みます

フォーマットをPNGからJPEGへ変更

静止画を当てはめただけでは2画面表示にはなりません。

先ほどの動画と同様に静止画をクリックしてからスプリットスクリーンを選択しましょう。

これで、めでたく左の動画が止まった後も2画面表示が続くのです。

動画を左右入れ替えたい場合は先ほどのオーバーレイ設定をクリックしたのち、位置を左から右へ変更します。

すると左右が変わりますのでいちいち動画を最初から作り直す必要もありませんよ。

また動画に文字を挿入することもできます。

次の画面でタイトルをクリック

文字を入力したら白色から他の色に変更することもできますよ。

ちなみに今回の動画編集で使用した動画はPexelsというサイトからダウンロードさせていただいたものになります。

参照)Pexels

1つの画面に動画を2つ並べたいので有料の動画アプリの購入を検討されている方も多いでしょう。

ただ2つの動画を並べるくらいであればデフォルトで入っているiMovieで十分作成できるのです。

是非ご参考ください。

一日一絵 183前のページ

一日一絵 184次のページ

関連記事

  1. オススメ本

    仕事は人間関係を改善すれば成果が格段に上がる!『仕事は人間関係が9割』から考えたこと。

    はじめにこの記事にたどり着いた方の中には仕事が思い通りに行かずに悩…

  2. オススメ本

    大学時代の恩師にいただいた『サキャ格言集』という本

    はじめに大学時代の恩師にいただいた本が出てきました。「出てきた」…

  3. オススメ本

    スナフキンから学ぶ

    私の妻すーさんはそれはそれはムーミンが大好きです。好きすぎて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ライフハック

    iMovieにはサムネイル作成機能がない…
  2. 資産形成:ETF・投資信託

    住信SBIネット銀行口座を開設して感じたメリットやデメリットをお話しします
  3. 一日一絵

    一日一絵 51
  4. ライフハック

    MacBook Airにカバーを着けたはなし
  5. 資産形成:ETF・投資信託

    住信SBIネット銀行にある外貨をSBI証券へ振り込む手順紹介します
PAGE TOP