オススメ本

 

本多静六博士の生き方

はじめに

本多静六博士ってみなさんご存知でしょうか。

読み方は「ホンダセイロク」です。

「シズロク」ではありません。

現在の埼玉県に生まれ東京帝国大学(現東京大学)で林学を修められた方です。

その後ドイツに留学されてから、東京大学に戻って教授をしながら莫大な資産を築き上げられました。

40歳のときに現在でいう100億円の富を築き、61歳で退官するときには匿名で私財を寄付されたことで有名ですね。

その後1952年に85歳でなくなるまで質素倹約の生活スタイルを貫き通されています。

このような有名な著書を書いておられます。

生い立ち

100億円の富を築いた人なのだからもともと実家が裕福なのでは無いかと思うかもしれません。

しかし実際にはそんなことはなく9歳のときにお父さんを亡くされ百姓などで働きながら苦学されたそうです。

貯蓄方法

本多静六先生が25歳の頃に蓄財に目覚めたそうです。

その蓄財方法は何があっても毎月の収入の1/4を貯蓄に回すことです。

収入の1/4とはなかなか大きな額ですが、これを実行する上での考え方として収入の1/4はなかったものと考えるのがコツとのこと。

そしてある程度まとまったお金ができるとそれを不動産や株などの資産を購入することでお金を増やして行ったそうです。

まとめ

それにしても40代で100億円もの富を築き上げたのですから凄いですよね。

しかも親の財産を大きくしたのではなく自分の収入を大きくしたのですから資産家の家に生まれたわけではない私にとっても勇気付けられる話です。

そしてこんな記事を書かせていただいているたかちゃんの家も奥さんの協力があってこそですが世帯収入の1/4以上はなんとか貯蓄に回すことができています。

今後も奥さんと話し合いながら1/4貯蓄を博士に倣って継続していきます。

投資をされている方はもちろん、そうでない方も本田静六博士の本は人生の羅針盤として必読の書でしょう。

結婚後の持ち物の変化について前のページ

peachの機内持ち込みは7kgまで!次のページ

関連記事

  1. オススメ本

    奥さんに感謝しよっと

    はじめに皆さんの中にも夫婦共働きで頑張っている家庭が多いのではない…

  2. オススメ本

    大学時代の恩師にいただいた『サキャ格言集』という本

    はじめに大学時代の恩師にいただいた本が出てきました。「出てきた」…

  3. オススメ本

    MacのiMovieで動画を2つ並べる方法

    iMovieを使って1画面に2つの動画を並べる方法を簡単に説明してい…

  4. オススメ本

    『繊細さんの本』生きにくい人にオススメしたい

    繊細な方を対象に活躍されるカウンセラーが書いた本今日オススメ…

  5. オススメ本

    仕事を辞める前に読んでみるべき!『まんがで変わる 仕事は楽しいかね?』のまとめと感想

    はじめにみなさんの仕事やライフワークは充実していますか。仕事を辞め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. すーさんの記事

    Wi-Fiルーターとモデム収納カバーを手作りしてみた
  2. 整形外科

    骨壊死
  3. 資産形成・ETF・投資信託

    住信SBIネット銀行のランクが下がっていた話
  4. リハビリ・健康

    認定理学療法士の更新の流れについて申請書の画像も使ってわかりやすく説明するよ
  5. 資産形成・ETF・投資信託

    サラリーマンなら投資信託での資産運用がオススメです
PAGE TOP