資産形成・投資信託

ゆるく長く続けよう

はじめに

つい先日理学療法士の友人から治療の勉強を続けるモチベーションを維持する方法について話をしていたとき彼は次のようなことをモットーにしているとのこと。それは…

ゆるーく、長ーく続けること

この考え方を聞いて治療の勉強を続けるための秘訣だけでなく投資を続けるためにも大切な考え方だと気づきました。

家族で実践している投資の手法はインデックスファンド(投資信託)を用いたものです。

この手法は幸か不幸かすぐには大儲けするような手法ではありません。

ただ何十年と続けることができるのであれば5%/y前後のリターンが期待できる投資手法です。

このことを理解しているにも関わらず最近の世界的な株安で株価を頻繁にチェックするようになっている自分がいることも事実です。

個人レベルで株価を気にしても何も変わらない

ただ残念ながら良くも悪くも個人レベルで株価を何度もチェックしたりしても何も意味はありません。

そもそもすぐに使うようなお金を投資に回すということは投資で失敗する最大の要因であるので値下がりがあまり気になる方はリスク資産と安全資産のバランスを見直す良い機会かもしれません。

評価損益は無視する

恐らくiDeCoや積立NISAが始まったばかりということもあって現在の株安の影響で証券口座の評価損益がマイナスになっているかもしれませんね。

ただこのインデックスファンドを用いた投資手法は基本的に一生続けて行くものと考えていた方が続けやすいです。そもそも近視眼的に考えるからちょっとボラタリティーの高い相場になるといちいち狼狽するのです。

そう考えると証券口座の評価損益なんていちいちスマホでチェックしない方がいいでしょう。

できることなら証券口座のパスワードや証券会社のホームページの操作の仕方を忘れるくらいでちょうどいいのではないでしょうか。

まとめ

昨年12月末より世界的な株安ということもありTOPIXやダウ平均などが気になって仕方ない方も多いことでしょう。

ただインデックスファンドを用いた投資は生涯付き合っていくものと捉えていた方が長く続けることができリターンも多く期待できる手法です。

世界投資はゆるーく長ーく続けることをモットーに続けたいものです。


関連記事

  1. 資産形成・投資信託

    ネット銀行のメリットとデメリットをお話しします

    最近までメガバンクの口座しか持っていなかったこんなテーマでお…

  2. 資産形成・投資信託

    リスク資産と無リスク資産の配分は世界経済の情勢に合わせて変えるべき?

    質問今日はインデックス投資についてご質問をいただきましたので…

  3. 資産形成・投資信託

    世界の株価はアプリで簡単にわかるが見過ぎに注意

    世界株価を知るためにアプリを利用するのは良いが…世界中にはた…

  4. 資産形成・投資信託

    アセットロケーションとアセットアロケーションについて

    はじめにこれまでは特定口座でのみ運用を行ってきたのですが、税制面で…

  5. 資産形成・投資信託

    NISAやiDeCoが根付かないワケ

    投資のイメージはなぜ悪いのか最近ではNISAやiDeCoとい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. すーさんの記事

    水切りカゴはいらない?
  2. 医療・社会福祉の制度

    体の痛みが強くて歩けないとき「車いすマークの付いた駐車スペース」に車を止めてもい…
  3. ライフハック

    電動のアシスト自転車「STEP CRUZ e」のトラブル
  4. ライフハック

    ブログの運営方法と時間の使い方
  5. 資産形成・投資信託

    お金の3つの機能
PAGE TOP