デジタルデトックス

はじめに

いつも理学療法士たかちゃんのブログにお越しいただきありがとうございます。ヤドカリブログさせてもらっています妻のすーさんです。

先日iPhoneのエクスプレス交換を行ったときにiCloudからの復元がなんともうまくいかずに、LINEやメールのアプリのインストールがまったく出来なくて使えなくなりました。

iPhoneを手放す

紛失や破損のために使えなくなったわけではないので、理由としてはまだいい方なのかもしれません。

最初はLINEが使えなくなっただけでもイライラし、プチパニックに。

使えない=みんなと連絡が取れない
重要な連絡があったらどうしよう…

でもよく考えたら重要な連絡であれば電話でくるだろうし、MacBook Air にもLINEを入れていたのでまだ確認することはできる。

使えない物を持っていても仕方ないのと、たかちゃんがよくしてくれると言ってくれたのでしぶしぶでしたが家に置いていくことにしました。

仕事は泊まり勤務なので約丸1日「iPhoneなし生活」をしました。

デジタルデトックスということにします。

1日だけ手放します。(^-^)/good-by iPhone

依存

1日持ち歩かないだけでもiPhoneにだいぶ依存していることに気づかされました。

まずは天気・気温です。
服装を決めるのにも確認する癖がついていました。よく見てるアプリなんだなと思いました。

次は目覚ましです。
仕事では起きなければならない時間が不規則なのでiPhoneの目覚ましを使っていましたが、「あ、やばい!」と思い、近所の電気屋さんでデジタルの目覚まし時計を購入しました。

音楽を聞くのもiPhoneを使用していました。通勤中は音楽なしです。

歩数計も毎日記録してくれていたので持ってないと勿体ない気持ちになりました。

よくみるブログも見ないと気になります。

出勤してからも休憩時間に持っていないのに鞄から出そうとしたり。

探してしまいますねー。

ちょっとした連絡ができないというのはやはりムズムズしましたし、少し不安になりました。

友達などに

「わたしはいま、iPhoneがつかえません!!」

宣言をしようかと迷いましたが結局連絡しませんでした。家族には伝えておきました。

使えないのは1日だけの予定ですし、帰宅すればMacBook Air で連絡が取れるだろうと思ったので。

気づいたこと

いつも時間があれば触っていたので思いついたことや気になった事をすぐに検索していました。
色々な情報が入っては流れていきましたがそれがありません。

無駄な情報をシャットダウンできていたと思います。

本を読みました。より集中して読むことができました。
読んでいたのも禅の本だったので精神的な考え方で勉強になることばかりでした。

デジタルの目覚まし時計にすることで快眠することができました。
今まで眠る前にiPhoneで目覚ましを設定したあと、ダラダラと触ることになっていたのに気づきました。

なぞの開放感がありました。

iPhoneやスマホを持たないのはいつぶりだったのでしょう。
忘れないように確認する物No. 1ですもんね。
最近では財布は忘れてもiPhoneは忘れません。

学んだこと

今まで使えてたのに使えない物が手元にあるとイライラしましたが、物理的に離れてみると冷静にスッキリすることがわかりました。

あるととても便利ですが無くても意外と大丈夫でした。

今回は家に置いておけたタイミングも良かったのだとは思いますが…

依存すると目も頭も疲れるし、姿勢も悪くなるし、時間をとられてしまいますね。

iPhone依存への戒めに、今は使えるようになったiPhoneのホーム画面は当分は変えずに初期設定のままでいこうかなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP