資産形成:ETF・投資信託

 

投資方針2020

2020年からの投資方針

年末年始に色々と考えて投資方針を少し変更することにしました。

  • iDeCoではニッセイ外国株式インデックスファンド
  • つみたてNISAではeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

上記の通りこれまでどおり非課税口座ではインデックス投資を継続します。

あくまでもiDeCo・つみたてNISA口座にてインデックス投資は続け資産拡大を狙います。
65歳くらいまでは気絶ガチホする。

しかし特定口座の方では高配当ETFである

  • SPYD

に投資してキャッシュフローを作っていきたいと考えています。

資産の拡大を狙うのであればインデックス投資が最も効率良いことはわかっています。

しかし優良な投資信託ほど分配金が出なかったり分配金があってもごくわずかであることが多いです。

投資をしている以上分配金というキャッシュフローも欲しいなという思いが強くなってきました。

私がおじいちゃんになってから投資信託を取り崩していくのもストレスに感じそうですし。

そこでキャピタルゲインはあまり期待できないもののインカムゲインがETFの中では高い部類であるSPYDを選択したのです。

SPYDは米国高配当企業80社にそれぞれ1.25%割合で分散されており年2回銘柄の見直がされているのも魅力を感じました。

株価の値上がり益は期待せず4-5%のインカムを割り切っていただけるフローが理想的だと思いました。

ただSPYDにも懸念点はあります。

それは銘柄にリートが含まれていること。

まだ5年ほどしか運用実績がないので大暴落を経験していないということです。

したがっていきなり大金をつっこもうという気にはなれませんね。

そもそも今は世界的に株高ですので一括投資はリスク高すぎます。

今は静かに投資の機会を待つべきですね。

私は投資など1つのことを考えだすとそればかり考えてなかなか距離を取りにくいところがあります。

そこでSBI証券の機能を最大限活用してETFの自動つみたて設定を行いました。

そうすることで普段はマーケットや投資とは意図的に距離をとるのです。

SPYDは金の卵を生む鶏(金の成る木、神様、マネーマシーン、キャッシュ製造機、発電所)といえるでしょう。

まとめ

おとぎ話で金の卵を生む鶏の話が有名ですよね。

金の鶏がうむ卵である金の卵。

卵を食べることはあっても鶏は食べない=売却しない

このポリシーを守っていきます。


一日一絵 64前のページ

一日一絵 65次のページ

関連記事

  1. 資産形成:ETF・投資信託

    株価に振り回されない

    昨日の東証は26年ぶりの上昇をみせたようです。先月末から株価…

  2. 資産形成:ETF・投資信託

    大暴落でこそ買い増し!

    ここ最近米国株は下落しています。FRBが金融緩和の引き締めを…

  3. 資産形成:ETF・投資信託

    そのETFいつ売却する?

    口座開設から購入までお手伝いした人がおられます。コロナショッ…

  4. 資産形成:ETF・投資信託

    SRET配当金 2020.9.17

    今月もSRETから配当金が入りましたので「外国株式等配当金等のご案内…

  5. 資産形成:ETF・投資信託

    SBI証券で配当金を確認する手順

    SBI証券で配当金が振り込まれたのですが配当金投資初心者の私はどこを…

  6. 資産形成:ETF・投資信託

    SBI証券で米国ETFを定期買付する方法

    はじめに最近のコロナショックによる株価の暴落により以前よりも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ライフハック

    預金封鎖に備える
  2. 資産形成:ETF・投資信託

    複数の投資信託で運用していく理由
  3. 一日一絵

    一日一絵 95
  4. 資産形成:ETF・投資信託

    NISAやiDeCoが根付かないワケ
  5. 一日一絵

    一日一絵 366
PAGE TOP