株価に振り回されない

昨日の東証は26年ぶりの上昇をみせたようです。

先月末から株価は乱高下を繰り返して1番底はついたといったというところでしょうか。

このとき投資家心理としては、

  • あのとき買っておけばよかった…
  • 今からでも遅くない。たくさん買おう!

といったように精神的に振り回されてしまう人が多いのではないでしょうか?

個人的には今現在まさに10年に1度の大相場だろうと思っています。

恐らくまた2番底、3番底をつけてくるんじゃないのかなと思っていますので大きく買い出動するつもりはありません。

リーマンショックのときも半年間かけて株価は下落を続けています。

今はまだ下落を始めて1ヶ月の段階です。

今から大量に仕込むのは時期尚早かと個人的には思います。

しかし今が買い時かどうかなんて答えは誰にもわかりません。

5年くらいして振り返らないとわからないんでしょう。

しかし生涯かけた30年間以上の長期でみた場合、

今買おうがもっと下落したところで買おうが大きな違いはないことを歴史は証明しています。

長期投資家を標榜しているなら感情的にならずにもっとマーケットを客観的に俯瞰して見ていく必要がありそうです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP