大底で買いたいという欲求からの解放

引き続き株価は乱高下を繰り返していますね。

まるでジェットコースターに乗っているかのような粗い相場です。

私はつみたてNISAの口座を利用してキャピタルゲイン狙いの投資も行っています。

しかし基本的には特定口座にてキャッシュフローの流れを得るために米国ETFに重きをおいた投資をしています。

1年ほど前までは投資信託によってキャピタルゲイン狙いの投資を行っていました。

しかし10年近く投資を続けるなかで…。

  • 出口戦略の難しさ
  • 配当によるキャッシュフローを得られない

主にこれらのデメリットを強く感じたため高配当ETFへ投資先を切り替えることにしたのです。

キャピタルゲインをあきらめることで

底値で買いたい!

という気負いからはある程度は解放されましたよ。

もちろん高配当ETFだつて安値で仕込めた方が配当利回りは高くなります。

しかし配当金が減らない限り積み上げれば積み上げるほど配当金は増えていきます。

生涯高配当ETFという資産を売らない

という信念があるのであれば高配当ETFは必ずしも底値で買おうと気負う必要はないかもしれないと思うのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP