ライフハック

オルソケラトロジー初日:私の体験と初めての感想

はじめに

私がオルソケラトロジーを始めることに決めたのは、メガネの煩わしさを感じていたからです。さらに、子どもがオルソケラトロジーを利用すると近視の抑制効果があるとされています。我が家は夫婦共に近視で、娘も近視になる可能性が高いため、この治療法に大きな期待を寄せています。私自身の視力は、右が0.1、左が0.05という状態です。

オルソケラトロジーとは何か

オルソケラトロジーは、特殊なハードコンタクトレンズを夜間に装着し、睡眠中に角膜の形状を変えることで視力を改善する治療法です。この方法は、特に近視の人に効果が期待されています。

初日の体験

初日、私はオルソケラトロジー用のレンズを装着しました。これは私にとって全く新しい経験で、少し緊張もしました。レンズの度数は右が4.25/4.0/10.6、左が4.25/5.5/10.6です。7時間の睡眠を取った後、レンズを外しました。

翌朝感じたこと

翌朝、目を覚ますと、いつもとは異なる感覚がありました。視力は少し改善されているように感じましたが、劇的な変化はありませんでした。しかし、普段はメガネがないと生活できない私が、かろうじてメガネなしでも過ごせそうなのはかなり大きな進歩です。

オルソケラトロジーの費用と手間

この治療法の費用は、私が受診した眼科ではトータルで18万円です。初日には検査料1万円とテストレンズ代7万円の合計8万円を支払いました。継続する場合、残りの11万円を支払います。また、二年目以降は毎年24,000円の検査料が必要です。保険適応外であり、眼科によって費用が異なることを留意する必要があります。海外ではソフトコンタクトのオルソケラトロジーレンズも存在し、日本での導入が期待されています。

結論と次回への期待

オルソケラトロジーを始めた初日の経験は、新しい発見と期待に満ちていました。今後の視力の変化や、この治療法が私の日常生活にどのような影響を与えるかを楽しみにしています。次回のブログでは、この体験の続報をお届けする予定です。

smartphone and wireless headphonesiOS 17がついにリリース!所要時間と変更点について紹介前のページ

オルソケラトロジー2日目:視力の変化と日常への影響次のページ

関連記事

  1. ライフハック

    充分に満たされていると感謝しましょう

    はじめに素敵な彼女や彼氏が欲しい・お金が欲しいなど皆さんたくさんの…

  2. ライフハック

    資産に稼いでもらおう

    労働収入に依存しちゃダメですお金を稼ぐというと、「会…

  3. ライフハック

    iMovieにはサムネイル作成機能がない…

    今日もMacの標準アプリのiMovieについてです。どうして…

  4. ライフハック

    iPhone アプリ「メッセージ」のテキストが青色もしくは緑色で表示されるワケ

    この記事は主にiPhoneを使われている方向けの記事になります。…

  5. ライフハック

    電動のアシスト自転車「STEP CRUZ e」のトラブル

    はじめに私は金属のチェーンではなくカーボンベルト駆動の電動アシスト…

  6. ライフハック

    年賀状仕舞い

    今年書く年賀状に「年賀仕舞い」を宣言することにしました。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一日一絵

    一日一絵 373
  2. ライフハック

    MinZ Phone Pack Maxは期待通りのヤツだった!
  3. オススメ本

    「思考は現実化する」と「7つの習慣」の違いとそれぞれの特徴
  4. selective focus photo of iphone

    ライフハック

    iPhone売却の疑問解決:メルカリと買取ショップ、どちらを選ぶべきか
  5. 一日一絵

    一日一絵 49
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights