資産形成:ETF・投資信託

 

原油暴落はハイイールド債の暴落に繋がる可能性がある

原油価格(WTI)は1バレル33ドルと引き続きびっくりするような低い値で推移していますね。

今年2020年の初めは60ドルを超えていましたので約半分にまで下落しています。

世界の株価

このようなことがなぜ起こっているかというとサウジアラビアが原油をあえて増産することでロシアに圧力をかけているのです。

ただロシアがこの原油増産に耐え続けることができた場合サウジアラビア自身も厳しくなります。

現にサウジアラビアの通貨であるリヤルは下落傾向です。

長期化するとサウジアラビアは自分の首をシメていくことになるでしょう。

サウジアラビアやロシアの争いから被害を被るのはサウジアラビアやロシアだけでなくアメリカのシェール企業も同じです。

なぜなら原油を生産しているのはサウジアラビアとロシアだけでなくアメリカのシェール企業も相当なシェアを担っているからです。

アメリカのシェール企業の歴史は30年から40年程度と比較的浅く債務額が非常に多いのです。

その資金はジャンク債から調達しています。

安い原油価格に耐えられないシェール関連企業の倒産が増えていくようであれば低格付債券の暴落が起こります。

そうなるとこれからHYGやJNKなどのハイイールド債(社債・ジャンク債)のETFが暴落する可能性があるため買いに入るチャンスになるかもしれません。

ちなみにの現在のJNKの利回りは5.84%となっています。

SBI証券

私がJNKやHYGなどのハイイールド債を買いに入るとすれば分配利回りが15%近くになったときが目安になるでしょう。

トランプ大統領は自国のシェール企業を必死で守るでしょう。

なぜなら11月の大統領選に向けて実績作りのチャンスになるからです。

まだまだハイイールド債の暴落は先になるかもしれません。

いずれにしても原油の価格に関してはしばらくは低い値で推移すると私は考えております。

焦らず欲張らず原油暴落とともに暴落といえるくらいまで株価の下落しているZMLPをコツコツとドルコスト平均にて積み立てる予定です。

参照:MLPという投資先

一日一絵 121前のページ

一日一絵 123次のページ

関連記事

  1. 資産形成:ETF・投資信託

    株価に振り回されない

    昨日の東証は26年ぶりの上昇をみせたようです。先月末から株価…

  2. 資産形成:ETF・投資信託

    iDeCoが愛称の個人型確定拠出年金に関する勉強会が職場で開かれた話

    はじめに先日、わたしの勤めている病院に、りそな銀行の方が来られてi…

  3. 資産形成:ETF・投資信託

    フラット35の審査が緩いのをいいことに不正利用し破産する人続出

    フラット35とは35年間金利一定で組める住宅ローンのことです。…

  4. 資産形成:ETF・投資信託

    サーキットブレーカー発動!

    サーキットブレーカーとは株が売られすぎたときに売買を休止させる機能の…

  5. 資産形成:ETF・投資信託

    リスク資産と安全資産の割合について

    はじめに世界的な株高の中、フルインベストメントを貫いてきた私も流石…

  6. 資産形成:ETF・投資信託

    世界の株価はアプリで簡単にわかるが見過ぎに注意

    世界株価を知るためにアプリを利用するのは良いが…世界中にはた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一日一絵

    一日一絵 305
  2. ライフハック

    WiMAX2→どんなときもWiFiへ乗り換えるべきか
  3. 一日一絵

    一日一絵 72
  4. 脳血管疾患

    連合反応
  5. 一日一絵

    一日一絵 87
PAGE TOP