解剖

 

三角靭帯

三角靭帯とは足関節の内側にある靭帯で4つの靭帯の総称になります。

そのため三角靭帯は内側靭帯とも呼びます。

下の絵は三角靭帯になります。

①〜④の名称はなんでしょうか?

  1. 前脛距靭帯
  2. 脛舟靭帯
  3. 脛踵靭帯
  4. 後脛距靭帯

三角靭帯は内側靭帯とも呼ばれます。

これから国家試験の過去問からの引用です。

三角靭帯は腓骨と距骨、踵骨、舟状骨とを連結する

第42回 PT国家試験問題文より

正解は腓骨ではなく脛骨と舟状骨、踵骨、距骨を連結するですね。

国家試験では細かい名称までは問われないようですね。

何れにしても三角靭帯は足関節の内側にあるとさえ抑えておけば必然的に答えは導き出せそうです。

一日一絵 254前のページ

一日一絵 255次のページ

関連記事

  1. 解剖

    大動脈

    下の問題はPT国家試験でもよく出題される大動脈の模式図です。…

  2. 解剖

    大脳基底核

    大脳基底核とは錐体外路系の中継点であり運動制御つまり運動を調節する役…

  3. 解剖

    眼窩を構成する骨

    眼窩とは眼球や外眼筋などの付属器を入れるくぼみですね。…

  4. 解剖

    視覚の伝道路

    視覚の伝道路を再確認しておきましょう。視神経→視交叉→視床の…

  5. 解剖

    肩の靭帯

    肩の靭帯に関する問題です。1〜5に該当する靭帯名を答えてくだ…

  6. 解剖

    体性感覚の伝導路

    体性感覚とは何かというと皮膚の受容器に由来する表在覚や筋・腱・関節な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一日一絵

    一日一絵 255
  2. すーさんの記事

    大人になって試験を受けるということ
  3. 一日一絵

    一日一絵 13
  4. すーさんの記事

    マリメッコのブックカバー
  5. 一日一絵

    一日一絵 280
PAGE TOP